今日は、三郷西部認定こども園のみんなと室山探検とヒノキ植林‼️ 里山の不思議をたくさん発見👀✨
今日は、信州大学農学部 森林施業・経営研究室の学生さんたちが安曇野市を視察❗
この室山の森が、私たちの暮らしと里山の交差点としてあり続けられますように。
この春、「地元の森のはじまりをいっしょに。」をテーマに、今回は地元の方々と「森はじめ」をともにします。
ヒノキの四角柱、完成したよ‼️と連絡をいただいたので、早速受け取りに林友ハウス工業さまへ🚙=3
穂高有明の里山木材活用プロジェクトメンバーのNさんのご自宅に。🚙=3 伐採した材を提供いただきました💚
伐採現場と木材となったヒノキとアカマツを確認してきました~
安曇野市役所1階 西側の階段下にて、「あづみの自然保育」の展示を行っています‼️
三郷室山の現在伐採中の市有林にて、伐採見学会を開催‼️
いつも室山をお散歩コースにしている「三郷西部認定こども園」に通う年長さんご家族をご招待。
今回は、丸太の年輪について。 「木」人生は本当にいろいろだなぁと、丸太や切り株を見るとつくづく感じます。
里山木材活用プロジェクトで発足したアカマツ天板学習机の企画。 本日、中学校の校長先生や教頭先生、主任先生に直接ご提案へ!
ここは三郷室山、住宅やリンゴ畑🍎ソバ畑に囲まれた「スグソコ❗」里山。先日、ヒノキの森に拓いた道についてのレポートの続き。 今日、現場打ち合わせに行くと、もう皆伐エリアのヒノキも半分くらい伐採が進行。
木を伐りだすための『道』。 昔は馬で引くための馬搬路、🐴今は重機で搬出するための作業道。🚙 今でも昔の馬搬路は、山のいたるところにその地形として残っている。
あかまつ天板プロジェクト、打ち合わせ!😊子どもたちに「『木』そのものに触れる機会を、学びの生活空間で経験してほしい」思いで企画が発足。学校との協議の中で、強度、耐久性、コストなど様々な課題と宿題が出されました。
里山木材活用プロジェクト、構造見学会を開催!🏠 場所は松本市岡田、宿泊施設『里山ドアーズ』さまの建物。
伐採された松枯れアカマツ、続々と入荷 🚛=3 早速、松枯れ材の積木づくりに適した丸太を見に。
だんだん畑みたいに、山肌に棚ができています。これは「地拵え(じごしらえ)」という作業で、新しい木の苗を植えるための大切な準備。🌱
この寒い過酷な環境で何十年も生きてきたカラマツ。 伐られてはい積みされた丸太。 これから工場へ運ばれ、木材に。
里山木材活用プロジェクト会議の後、安曇野材や県産材を活用した「家具工房CRAPO」さんのショールーム見学会へ!
地域のたくさんの里山資源を地域の暮らしの中へ。 来場者220名、スタッフ80名、合計300名での開催となりました~
来年度の子ども園の建設に、市有林の木材を活用することになり、この冬までに伐採することに❗
「第6回あづみの里山市」の詳細については、来週に公開予定です~🙋
江戸川区「子ども未来館」人気企画、松枯れ里山学習とアカゲラの巣箱づくり🔨 安曇野の赤松を使って、江戸川区の子どもたちが巣箱をつくり、なんと!赤松を守る巣箱を掛けに安曇野の穂高荘を訪れます
新たな企画に安曇野の木「赤松」を使った食器を使いたい❗
外見は、真っ白の壁とガラス張りの部分が目立ちますが、内装には市有林から切り出したカラマツをたくさん利用しています🌲