最新情報は、Facebookにてお届けしています。Facabookに登録されていない方は↓こちらからご覧ください
江戸川区「子ども未来館」人気企画、松枯れ里山学習とアカゲラの巣箱づくり🔨 安曇野の赤松を使って、江戸川区の子どもたちが巣箱をつくり、なんと!赤松を守る巣箱を掛けに安曇野の穂高荘を訪れます
山主さんと「ちくりんず」リーダーと押野山にて、今後の活動についてフィールドを確認しながら打ち合わせ
安曇野市猟友会の皆さんと『あづみの里山市』に向けた企画ミーティング。安曇野市猟友会で、活躍する若手ハンターによるPR企画チームか立ち上がりました!
「有明マツタケ研究会(AMK)」の皆さまに、会の方々がマツタケ発生・増産に向けた山づくりの現場を「よみがえれ!マツタケ!(よみマツ)」がお招待、ご案内いただきました~
新たな企画に安曇野の木「赤松」を使った食器を使いたい❗
みんなで1週間前に作った松葉のようすを観察することに🔍👀
今日は、豊科南小学校5年2組のみんなと三郷室山の里山に行きました🚌=3🌞
今日は製材工場で、安曇野産アカマツ材を受け取り、精米機の横の倉庫から「米ぬか」🌾を運んで、豊科南小学校へ🚙=3
外見は、真っ白の壁とガラス張りの部分が目立ちますが、内装には市有林から切り出したカラマツをたくさん利用しています🌲
東京オリンピック2020に合わせて製作した、あづみの産カラマツの大型プランター。 昨年開催の予定が一年延期となり、今年3月末に安曇野から江戸川区へお送りしました🏵️
抵抗性家系アカマツ、カラマツ、ヒノキ、市木ケヤキの4種類。 安曇野の里山を代表する樹木。 お披露目お楽しみに🌟😉
「安曇野里山木工倶楽部」 を講師に、10組の子どもたちと松枯れ材で椅子を作りました
セミの鳴き声と渓流の水の音が響き渡る、爽やかで賑やかな真夏の森でした♪
「あづみの積木キャラバン隊」が訪れるおはなし会はラスト。 終わってしまうのは、ちょっぴりさみしいけれど、とても充実した企画でした‼️
学校林として、この里山とどう向き合っていくのか。 「次世代へつなぐ選択」を目前に突き付けられた、そんな里山の現実をみた一日でした。
多くの人の手を借りて製材所まで運搬することができました。🚛 このケヤキの第2の人生は、どこで誰と過ごすのでしょうか。
梅雨も明けたような真夏の暑さ、セミの鳴く押野山。 伐って、燃やして、炭にする。伐って、燃やして、炭にする。を繰り返します。
豊科南小学校5年2組のみんなと「里山とわたしたちのくらし大作戦!(SATOKURA大作戦!)」本日スタート🏃=3‼️
「キヅキノキ」の取材で、烏川渓谷緑地市民会議 森林保全チームの諫山さんのところへ取材✍
里山木材活用プロジェクト企画「あかまつ天板プロジェクト(仮)」既存の脚にあかまつ天板を取り付けしました‼️
あれやこれやとお話しするすると、あっという間に時間が過ぎてしました