「さとぷろ。」とは?

What’s SATOPRO?

里山の恵みを暮らしに取り入れる

かつて、里山は、人々の暮らしとともにありました。ふもとでは畑を耕し、山の中では薪を取ったり、キノコをとったり・・・

いつも人が入ることで、林道ができ、里山のなかは明るく保たれていました。

今はどうでしょう?

里山は、私たちの暮らしからは遠いものになり、人が頻繁に出入りすることはなくなりました。

そうやって放置されると、里山はうっそうとした暗い林になってしまいます。

だからといって、手入れのためだけに里山に入るのは、無理がありますし、長続きしそうにありませんよね。

さとぷろ。では、里山と人との関わり方をずっと考えています。

今の私たちの暮らしに無理なくフィットする方法を見つけて、里山を活かし楽しみましょう。

さとぷろ。が描く、里山の未来像

活動報告やお知らせ

News Release

最新情報はFacebookに掲載しています。

江戸川区「子ども未来館」人気企画、松枯れ里山学習とアカゲラの巣箱づくり🔨 安曇野の赤松を使って、江戸川区の子どもたちが巣箱をつくり、なんと!赤松を守る巣箱を掛けに安曇野の穂高荘を訪れます
山主さんと「ちくりんず」リーダーと押野山にて、今後の活動についてフィールドを確認しながら打ち合わせ
安曇野市猟友会の皆さんと『あづみの里山市』に向けた企画ミーティング。安曇野市猟友会で、活躍する若手ハンターによるPR企画チームか立ち上がりました!