「さとぷろ。」とは?

What’s SATOPRO?

里山の恵みを暮らしに取り入れる

かつて、里山は、人々の暮らしとともにありました。ふもとでは畑を耕し、山の中では薪を取ったり、キノコをとったり・・・

いつも人が入ることで、林道ができ、里山のなかは明るく保たれていました。

今はどうでしょう?

里山は、私たちの暮らしからは遠いものになり、人が頻繁に出入りすることはなくなりました。

そうやって放置されると、里山はうっそうとした暗い林になってしまいます。

だからといって、手入れのためだけに里山に入るのは、無理がありますし、長続きしそうにありませんよね。

さとぷろ。では、里山と人との関わり方をずっと考えています。

今の私たちの暮らしに無理なくフィットする方法をみつけて、みなさんと共有していきます。

さとぷろ。が描く、里山の未来像

活動報告やお知らせ

News Release

最新情報はFacebookに掲載しています。

今回は、認定こども園、幼稚園の園長先生たちと積木キャラバンを楽しみました
季節が急に進んで冷え込みを感じる朝、穂高牧の森にいつもの仲間が集まりました。