セミの鳴き声と渓流の水の音が響き渡る、爽やかで賑やかな真夏の森でした♪
午前中は古田春江さんを講師にお迎えして。「天蚕」をテーマに里山をみつめます。
市民が里山で整備などの活動を楽しむために必要な様々なことを、仲間とともに学びます。
<<募集は締め切りました>>
安曇野の里山に ついて学び、フィールドワークを通じて、里山で安全に楽しく 活動する仲間づくりを目指して「さとぷろ。学校」を開講します。
春近し、爽やかな青空のもと三郷の山際の竹林へ。今日は「ヤマワロ」の活動にお邪魔しました! 伐採した竹を割って削って、みんなで何かを作っていらっしゃいます。節やささくれをキレイに削って・・・ さて何ができるでしょう???  […]
でも、ちょっと前と比べると、この集落にこんなに人が集まるなんてなぁ
人の環がひろがるなかで様々な里山活用の可能性が広がりそうな清水地区。これからも引き続き要注目です👀
林内は積雪があり、冬らしい寒さでした。ぶるぶるです。
森の中で、風の音や沢の音とともに聞く歌は心に響きます
自然と力を合わせて作業をし、チーム感がかもしだされていました
手を動かすほどに、きれいな空間ができていくことが楽しいです。
季節が急に進んで冷え込みを感じる朝、穂高牧の森にいつもの仲間が集まりました。
清水地区の方に講師を努めていただきました
9月2日に、もりっち!の活動を行いました!
親子対象の講座「キッズもりっち!」を開催しました。親子3組6名のご参加です。
「キッズもりっち!」に向けて、支障木の伐倒や周囲の片づけ、当日の打ち合わせをしました。
7月29日、さとぷろ。学校第3講を開催しました
昨年度より、子どもたちと楽しめる森にできたらいいね、という思いを持ちながら進めてきた仲間の活動が、少しずつ具体的な形となってきました。
午前中は県営烏川渓谷緑地森林保全チームのご案内で森林エリアへ。午後は国営アルプスあづみの公園 里山文化ゾーンに移動「やまこの学校」にて天蚕施業の体験です。