明科荻原区で里山歩きのイベントを行いました❗️
子どもたちの学習への思いを乗せた、里山の恵み「コナラの木」を地域の里山から伐り出して学校へ。
明北小学校が20年以上に渡って、取り組んでいる「きのこ里山学習」❗今日は、その打ち合わせに春休み中の小学校へ
長峰山と光城山へ、小学校の里山学習の現地下見へ。
春の生き物たちが出迎えてくれました~!😊🎵
明科清水地区の清水里山整備協議会、明北小学校の伝統学習「きのこ栽培」にご提供いただく原木を出していただけることに。
何十年も続けられている明北小学校のきのこの里山学習。 毎年、子どもたちは地域の里山から出た原木をご提供いただき、キノコ🍄の種菌を原木に打ち込み、きのこ栽培を行う学習を開催しています。
今日は、堀金小学校5年生の総合学習で、森林についての授業をしました!💧
「明北小学校」で長年伝統的に実施されている原木シイタケの栽培学習。🍄🏫 どれくらいの原木をどこから伐採するのかを一緒にクヌギ山へ。🌳
江戸川区の子ども達が安曇野産松枯れ材で、アカゲラの巣箱を作り、安曇野市へ持って来て穂高荘の森に設置します。
松本地域振興局林務課が11月~開催している企画『「低炭素社会・循環型社会」を目指した木工製品』を安曇野市役所1階東ロビーで展示しています
東京オリンピック2020に合わせて製作した、あづみの産カラマツの大型プランター。 昨年開催の予定が一年延期となり、今年3月末に安曇野から江戸川区へお送りしました🏵️
抵抗性家系アカマツ、カラマツ、ヒノキ、市木ケヤキの4種類。 安曇野の里山を代表する樹木。 お披露目お楽しみに🌟😉
学校林として、この里山とどう向き合っていくのか。 「次世代へつなぐ選択」を目前に突き付けられた、そんな里山の現実をみた一日でした。
「西山は、ほとんど馬だったな。牛はほとんどいなかった。」
小学校の先生より、「里山について学習したい!」と相談があり、打ち合わせに🚙=3
里山の魅力発見プロジェクト! 今日は、安曇野三郷の室山アグリパークで「きのこ🍄」の種菌を木に植える体験会を開催しました‼️