īŊžå­Ļæ ĄæœēをあãĨãŋぎį”Ŗã‚ĸã‚ĢマツãĢ取りæ›ŋえようīŧīŊž

8/30 堀金中å­Ļæ ĄãŽ1åš´į”Ÿã¨ã€Œæœ¨ãĨくえプロジェクト」
īŧ“つぎクナ゚でīŧ“つぎčŦ›åē§ã‚’ロãƒŧテãƒŗã‚ˇãƒ§ãƒŗで開å‚Ŧ
こぎäŧį”ģは構æƒŗからīŧ’åš´é–“ã‚’įĩŒãĻ、äģŠæ—ĨãĢč‡ŗãŖた。

ã€Œå­ãŠã‚‚ãŸãĄã¯ã€æšŽã‚‰ã—ãŽä¸­ã§æœŦį‰ŠãŽæœ¨ãĢおぎくらいč§ĻれãĻいるぎだろう。」
とãĩとしたīŧ‘つぎį–‘問から始ぞãŖた。

į§ãŸãĄã¯ã€æ™ŽæŽĩぎ暎らしぎ中でおぎくらい木ãĢč§ĻれãĻいるぎだろう。
čĻ‹æ¸Ąã™ã¨ã€ã€Œæœ¨ã€ãĢäŧŧせたプナ゚テã‚ŖックčŖŊ品でæēĸれãĻいる。
木ãŖãĻ丈å¤Ģだけお、キã‚ēもäģ˜ãã‚„ã™ã„ã—æąšã‚Œã‚‹ã€‚
ãƒĄãƒŗテナãƒŗã‚šã‚‚åŋ…čĻã ã€‚
でも、そんãĒ木とぎäģ˜ãåˆã„æ–šã‚’äŊ“験することが、ãģとんおãĒい。

「厉曇野ぎ木をäŊŋうãĒら、やãŖãąã‚Šã‚ĸã‚Ģマツだ。」
「į¯€ãŒã‚ãŖたãģうがいい。č‡Ēį„ļぎもぎだから。」
「同じæœēは一つもãĒい。į”Ÿãį‰Šã ã‹ã‚‰ã€‚」
ã€Œå‚ˇã¤ãã‚„ã™ã„ã‹ã‚‰ã€å¤§åˆ‡ãĢäŊŋãŖãĻãģしい。」
「木がおういうもぎãĒぎか、įĩŒé¨“をつんでãģしい。」

æē–備しãĒがら、äŊ•å›žã‚‚æ‰“ãĄåˆã‚ã›ã‚’čĄŒã„ã€
æ•™č‚˛å§”å“Ąäŧšã‚„中å­Ļæ Ąã¨å”č­°ã‚’é‡ã­ã€
čŠĻäŊœå“ã‚’原際ãĢäŊŋいčžŧãŋãĒがらäŊ•å›žã‚‚æ”šč‰¯ã‚’é‡ã­ãŸã€‚

čŖŊäŊœãĢé–ĸわãŖãŸčˇäēēã•ã‚“ãŸãĄã‚‚åŊ“æ—Ĩ、
ãœã˛æ§˜å­ã‚’ãŋたいと駆けつけた。
äŋč­ˇč€…ぎ斚ãĢもå‘ŧãŗかけãĻ、一įˇ’ãĢ参加。

木ãĨくえプロジェクトチãƒŧムと夊æŋぎ取äģ˜ã‘垌、
å­ãŠã‚‚ãŸãĄã¯ã€č‡Ē分ぎæœēをæ’ĢでãĒãŒã‚‰å‹ã ãĄã¨įŦ‘éĄ”ã§ã€‚

最垌ãĢ、チãƒŧムãƒĒãƒŧダãƒŧから
こぎ「木ãĨくえ」とぎäģ˜ãåˆã„斚とæƒŗいãĢついãĻã€å­ãŠã‚‚ãŸãĄã¸ä¸€č¨€ã€‚

卒æĨ­ãŽé ƒãĢは、きãŖとこぎæœēも小さくčĻ‹ãˆã‚‹ãŽã‹ãĒ。