安曇野市内ですは、松くい虫被害による松枯れが拡がっています。長野県建築士会安曇野支部では、松枯れの事をたくさんの人に知ってもらうため、松枯れ材を再活用した取り組み「積み木プロジェクト」を実施しています。枯れた松を、そのまま朽ちさせるのではなく、再び積み木として使うことで、松枯れ材(アカマツ)の有効活用をします。1万個の積み木を使って、楽しみながら大きな家を作ってみませんか?

※事前に申し込みが必要です。詳しくは下記のチラシ(PDF)をご覧下さい。

チラシ(さとぷろ。フォーラム)③ 2のサムネイル