さとぷろ。学校では、一期生のフォローアップ講座として、里山再生サポーターさんの森林を整備する作業を実施します。一期生だけでなく、広く里山再生サポーターのみなさんにも参加を呼び掛けています。

あなたも、里山再生サポーターに登録して、楽しい活動に参加しませんか?

穂高牧の森林、整備前の下見

今回、整備していくことになったのは、安曇野市穂高牧にある約1ヘクタールの森林。20年前にスギ林を皆伐(かいばつ・全部伐ること)したあと、何も手入れがされていません。スギも生えてきていますが、コナラ・サクラ・リョウブ・クリなどさまざまな樹木が育っています。実際に「どの木を残して成長させたいのか、そのために邪魔している木を伐る?」という視点で木を観察しながら下見をしました。残したい樹種を除いて、手首より細い木は基本的に全部伐ることになりそうです。細い木ですので、チェンソーは使わずに手鋸を使います。

 

【日時】7月29日(土)9:30~15:00

【場所】安曇野市穂高牧グラウンド集合(乗り合わせて移動)

【参加費】無料 要申し込み

※保険加入の都合上、7月24日までにお申し込みください

当日は広葉樹施業のスペシャリスト、長野県林業総合センターの小山さんをお迎えし、森林づくりのお話も伺いながらの作業となります。お申込みいただくと詳細の内容を事務局からお知らせいたします。ぜひ、多くの方のお申し込みをお待ちしています!

なお、森林整備作業は今回だけでなく、数年単位で継続的に実施していきます。7月29日は都合がつかないけれど、日程が合えば参加したいという方もお知らせください。安曇野の森林があなたの力を求めています!