●●● あなたの「楽しい!」が里山の再生につながります ●●●

里山木材活用プロジェクト

プロジェクトが目指すこと

市内の里山で生産される「安曇野材」の生産・流通・消費に関係する個人・事業者(森林組合・個人林業者・木材業者・建築士など)および行政が協働 して、本市独自の小規模な安曇野材市場の構築を目指します。 安曇野材の利用は、建築構造材としてだけではなく、床材、壁板材などの様々な利用を視野に入れます。

【目標】

山林所有者、林業事業者、製材加工事業者、建築士およびユーザーの間で情報を共有することにより、需要に応じて安曇野材が適宜供給される体制を構築する。

活動内容

第1次計画から引き続き、里山にある木材資源がエンドユーザーに届くまでの仕組みを構築します。
安曇野材の需要に応えるため、山林所有者との協力関係を強化するとともに、市内の木材生産地から製材加工業者およびユーザーに安曇野材の情報を共有する体制を整え、材の種類、 量が確保されるようにしていきます。
プロモーション活動を展開し、より一層 の安曇野材利用の推進を図ります。

PAGETOP
Copyright © さとぷろ。(安曇野市里山再生計画) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.