安曇野市里山再生計画に関する活動「さとぷろ。」についてお知らせします

2017年度

里山見学ツアー

安曇野市内の特徴的なさまざまな里山を見学するツアーを企画、プロジェクトメンバーと里山再生計画推進協議会委員に呼びかけました。朝、安曇野市役所駐車場に集合、ワゴン車に乗り合わせて出発。

三郷小倉の洞合(どあい)自然公園へ。この公園は、三郷中学校の生徒たちが3年間かけて「どんな公園にするか?」を話し合い、その設計に基づいて整備された経過があります。もう10年以上前のこと、そろそろ結婚して子どももいる年代になる当時の生徒たちが、再び子どもを連れて「お帰りなさいプロジェクト」みたいな感じで遊びにくればいいなぁと、話題になりました。植栽された木や草も育ち、ビオトープ池はほとんどアシで覆われ湿地化していました。

次は三郷スカイラインへ、手入れのされたスギの美林はとても気持ちが良かったです。展望台まで上がり、市内を見渡しました。スカイラインを下り、堀金烏川の堀金中学校の学有林を見学、カラマツとヒノキの複層林を確認しました。昼食は須砂渡食堂へ立ち寄り、名物のモツ炒めなどを美味しくいただきました。午後は日帰り入浴施設「しゃくなげの湯」へ、松枯れ材の薪を納入している薪ボイラーや薪置き場を見学しました。

そして、東山、明科の押野山更新伐施業地へ行きました。里山再生計画書の表紙の写真になった場所です。里山がまさに再生してきている、それを実感できました。最後に訪れたのは長峰山の山頂、川端康成・東山魁夷・井上靖が訪れた際「残したい静けさ、美しさ」と言葉を残している絶景が広がります。同じ安曇野市内でも、いろいろな山林、フィールドがあることを実感した一日になりました。

安曇野 森林の楽校2017

昨年に引き続き10月28~29日の一泊二日、認定NPO法人JUON NETWORKと共催で開催しました。関東や中京方面からの参加者が集まり、ベースとなる安曇野地球宿で開会した。

1日目は三郷室山での森林整備体験。間伐・除伐・枝打ち・木登り道具「与作」をそれぞれ体験することができた。整備した場所は明るく気持ちの良い空間が広がり、達成感を味わえます。ファインビュー室山の温泉で汗を流したあと、地球宿へ戻り楽習会・夕食懇親会と続いた。地元の米・野菜を中心とした美味しい料理が提供され、「美味しい!」「普段はあんまり野菜を食べないんだけど、美味しくって食べちゃう」という声が聞こえてきた。

2日目はあいにくの天候、台風の襲来のため長峰山山頂へ行くことができず、室内で長峰山の山頂草原の講座を行い、雨プログラムの実施となりました。木の名前の漢字クイズ、ロープワーク、ヒノキのストラップづくりと3つのメニューを用意し、それぞれ楽しむことができました。昼食の後ふりかえりの会を行い、解散となりました。

希望者はオプショナルツアーに出発、中村自然農園でりんご狩りの予定をしていましたが、雨のためオーナーが用意してくださった3種類のりんごの試食。こだわりのりんごは甘くて酸味もあり美味しい!また、りんご100%のホットジュースは驚きの美味しさでした。みなさんたくさん買い込んで、次は安曇野ワイナリーへ。試飲・試食を楽しみお土産も買うことができました。マイクロバスは松本駅へ向かい、みなさんを見送りました。

なお、今回の「安曇野 森林の楽校」の様子はNPOを映像で支援するプログラムにより撮影され、30秒の動画にまとめられました。JUON森林の楽校PR動画として、紹介されています。

ハンターと歩く里山

11月18日(土)長峰荘に集合し、2回目となるハンターと歩く里山を開催しました。今回も安曇野市猟友会の支部長5名(+事務局1名)、ホテルアンビエントのシェフの協力のもと、フィールドを光城山に移して実施、マイクロバスで移動してフィールドワークを行いました。

台風での倒木に注意をしながら、獣の痕跡を見つけて歩きました。身体をこすりつけた痕、足跡、掘り起こした痕などが見つかりました。

長峰荘に戻り、お楽しみの昼食はジビエカレーとオシャレなジビエ料理の数々…クリスマスを思わせる美しい盛り付けに「食べるのがもったいない!でも食べたい!」との悩ましい声も。今度はジビエ料理教室も開催してほしいとリクエストがありました。

午後は、ワナの実演と猟銃シミュレーションを交代で実施、カッコいいハンターを見て「僕はハンターになる!」という子どもたちもいました。アンケートには「冬も体験してみたい」という声もあり、上級編として冬にも企画することになりました。

ハンターと歩く里山(冬編)

年末の12月27日ハンターと歩く里山の冬編を実施し、「これまでに参加したことのある方」という限定で募集をしました。

長峰山を登ったのですが、ちょうど雪のあとで、足跡が見つかりやすく、ウサギ・キツネ・イノシシ・シカなどの足跡が見られました。ウサギは普通に移動している足跡と、何かに追われて(おそらくキツネ)猛スピードで移動している足跡の違いが見られました。「ウサギは減ったなぁ」「昔はぞくぞくいただけど、病気で減っただね」と教えていただきました。

今回の昼食は外の小屋で焼き肉&シシ汁。下処理された数種類のジビエ肉を炭火で焼いて、たっぷりいただきました。ホテルアンビエントのシェフが作る焼き肉、超美味でした!里山の恵み、今度はどんな企画になるでしょうか楽しみです。

さとぷろ。フォーラム

3月10日(土)安曇野市役所4階大会議室で「さとぷろ。フォーラム2018」を開催しました。

ロゴマークの完成お披露目と、デザイナーへの表彰が行われ、参加者にはロゴマークのシールを配布しました。各プロジェクトの展示、活動報告を行い、サポーター登録会も実施。

メインプログラムは山主さんサミット。3名の山主さんに登壇していただき、現状の説明やどうなることを希望しているかなどをお聞きすることができました。さとぷろ。サポーターとして、何ができるかを考えるきっかけとなりました。

プロジェクト会議

上記のほか、6月19日・7月24日・8月24日・9月28日・11月9日・12月21日・1月22日・2月6日・3月15日にプロジェクト会議を開催しました。

昨年主催した「あづみの里山市」は主催を安曇野材利用促進プロジェクト主体の実行委員会に移し、ノウハウを引き継ぎました。

PAGETOP
Copyright © さとぷろ。(安曇野市里山再生計画) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.