●●● あなたの「楽しい!」が里山の再生につながります ●●●

木質バイオマス利用促進プロジェクト

プロジェクトが目指すこと

市民、事業者、行政が協働して、木質バイオマスのうち最も身近に利用できる「薪」を自らの手で生産・利用します。こうした取り組みを試行しながら、市全域に木質バイオマスの利用を展開するための道筋を探ります。

【目標】
薪の地産地消率(市内の薪消費量のうち、安曇野市産材が占める割合)を70%にする。

活動内容

行政が事務局になり、市民、事業者などから参加者を募集してプロジェクトチームを構成し、活動を進めてきました。

プロジェクトで仲間を募り、山林所有者の協力を得て、薪を作る市民グループ(あづみの樹楽会)の活動がスタートしました。
生産した薪の一部を市民に頒布するほか、明科天田地区のフィールドでは下草刈りなどの里山整備も行ない、地域社会とのつながりを持つことで周辺への波及効果も得られ始めています。この活動には「さとぷろ。学校」修了生も参加しています。

薪の生産現場の様子、市民への頒布(あづみの里山市)

薪ボイラーを導入した市内の温浴施設では、市内で発生した松枯れ材の薪を活用し、施設の暖房などに利用しています。松枯れ材は放置すれば廃棄物ですが、このように利用することで燃料となっています。 

松枯れ材を薪に加工し、薪ボイラーの燃料に活用

市内の製材業者において発生する端材を、市内の別分野の事業者が薪ストーブの焚きつけ材として販売するなど、異業種が連携した取り組みも始まっています。

製材所の端材をカットして焚き付け材に加工

年度ごとの活動報告

PAGETOP
Copyright © さとぷろ。(安曇野市里山再生計画) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.