安曇野市里山再生計画に関する活動「さとぷろ。」についてお知らせします

安曇野材利用促進プロジェクト

プロジェクトが目指すこと

市内の里山で生産される木材(安曇野材)の、生産・流通・消費に関わる個人・事業者(例えば森林組合・個人林業者・木材業者・建築士会など)と行政が協働して、本市独自の安曇野材流通形態の構築を目指します。

【目標】
安曇野材の年間利用実績を150m3にする。

活動内容

安曇野材の流通や消費に携わる関係者と行政からなるプロジェクトチームにより、今まで活用されることが少なかった安曇野材を利用できる体系づくりを進めてきました。林業者、製材加工業者、建築士がプロジェクト構成メンバーになり、生産者から消費者まで、安曇野材活用の環がつながりつつあります。

プロジェクト会議と製材所での材の見学

安曇野環境フェアでプロジ ェクトの取り組みを発表し、松枯れ材を活用した積み木ワークショップを開催しました。

安曇野環境フェアにて

安曇野材を利用した建築事例を紹介したスタイルブック「里山めぐみの家 」を作成しました。森林づくり県民税 を活用し、移動展示が行えるミニハウスを製作するなど、市民が安曇野材に身近に触れ られる機会をつくっています。

「里山恵みの家」StyleBook、 安曇野材ミニハウスの展示

市内では安曇野材利用のニーズが高まり、安曇野材を活 用した住宅などの施工事例が増えてきました。

安曇野材を使用した建築事例 (住宅、カフェ)

 

年度ごとの活動報告

PAGETOP
Copyright © さとぷろ。(安曇野市里山再生計画) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.