安曇野市里山再生計画にもとづく活動「さとぷろ。」の情報を更新しています。

里山学校プロジェクト

プロジェクトが目指す成果

多くの市民の皆さんに、里山で様々な活動をするための技術・知識を身につけていただくことを目的として、里山学校プロジェクトを立ち上げます。
里山を楽しむ活動の輪を拡げるリーダーづくりを進めるため、「里山学校」を設立・運営します。里山学校の活動が「里山の理解者・行動者」を育て、市民・事業者を啓発し、市民・事業者による自発的な里山活動を促します。

【計画期間の最終年度における目標値】
里山学校の年間受講者数を延べ100人にする。

 

プロジェクトの内容

里山学校は、以前、旧明科町で実施されていた「森林大学」を参考として設立し、里山を市民に広く知っていただくための講座運営を主体に、市と市民が協働で運営します。里山学校の拠点は、市内の西山と東山に設置し、受講者はそれぞれの特徴を活かした講座を学習することができます。
このために、すでに里山をフィールドにした活動をしている市民団体や市民と行政がメンバーとして「里山学校事務局」を立ち上げます。里山学校事務局は、里山学校の運営計画(講座の内容、講師陣容、開催場所、スケジュールなど)を作成し、受講生を募集して講座を運営します。講座の内容・レベルは、森林や里山活動に関する知識や経験がない方でも理解できるものとします。受講生がより実践的な技術を身につけたい場合には、長野県が開催している「森林・林業セミナー」への受講へとつなげます。
講座の内容は、(1)普及啓発(里山再生の必要性や、再生に必要な取組を一般市民に普及させる)、(2)人材育成(具体的に里山整備に取り組むためのノウハウを学ぶ))の2本柱とします。また、里山学校の運営に参加する市民団体が相互に交流することで、それぞれの活動成果や技術を共有するねらいもあります。
里山学校は、学校修了者の里山再生活動を支援することで、広く市民に里山再生活動への参加を働きかけます。

里山学校の講座内容(例)

普及啓発

  • 『里山の恵みをいただこう!』
  • 里山から得られるキノコの見分け方や生産の仕組みを学び、シイタケづくりなどを体験、里山の恵み料理講習会などを実施

  • 『ハンターへのはじめの一歩体験』
  • ハンターの技術である見切り(けものの足跡を見分ける)を体験。
    また、わなの実演、ジビエ試食などを実施

  • 『かつての安曇野市の里山の姿を聞く』
  • かつて市内の里山が生活に不可欠であった時代を知る方から、その頃の里山の風景や利用形態を受講

  • 『市内の里山保全活動の取組紹介』
  • 市内で里山再生活動に取り組む市民団体の活動内容を聞き、森林整備体験や自然観察を体験]

  • 『里山再生の目撃者になろう!』
  • 伐採後の野鳥観察会、タラの芽の手入れ講座

  • 『里山をたのしもう!』
  • 里山ウォーキング、森林セラピー

人材育成

  • 『里山の成り立ちと整備の方法講習』
  • 里山整備の理論を受講

  • 『里山整備に必要な機械の安全な取扱い講習』
  • チェーンソーや刈り払い機などの安全な取扱いを受講

  • 『安全管理講習』
  • 里山整備で生じうる事故などへの救命救急などの技術を習得

PAGETOP
Copyright © さとぷろ。(安曇野市里山再生計画) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.