安曇野市里山再生プロジェクト「さとぷろ。」の活動情報を更新しています。

松枯れ対策実践プロジェクト

プロジェクトが目指す成果

このプロジェクトでは、行政及び事業者が、地域住民(山林所有者)と協働し、今後松枯れが拡大する恐れのある地域において、積極的にアカマツを伐採し、利用することを推進します。この取組を進めることにより、松枯れの拡大を抑制することも期待できます。

【計画期間の最終年度における目標値】
複数の山林所有者と行政及び事業者が協働して、更新伐、樹種転換を5か所で取り組む。

 

プロジェクトの内容

行政及び事業者が、山林所有者を取りまとめ、枯れる恐れのあるアカマツを早期に伐採し、松枯れを未然に防ぐとともに、松枯れ材を含めたアカマツを利用し、新たな里山に更新させる取組を進めます。

荻原地区里山整備実施委員会(平成26年8月)

荻原地区里山整備実施委員会(平成26年8月)

伐採地の事前確認(平成26年7月)

伐採地の事前確認(平成26年7月)

松枯れ材を活用した床材(平成26年6月)

松枯れ材を活用した床材(平成26年6月)

松枯れ材の活用例~漆塗りの蕎麦(そば)猪口(ちょこ)~(平成26年11月)

松枯れ材の活用例~漆塗りの蕎麦(そば)猪口(ちょこ)~(平成26年11月)

PAGETOP
Copyright © 安曇野市里山再生計画 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.