安曇野市里山再生計画にもとづく活動「さとぷろ。」の情報を更新しています。

木質バイオマス利用促進プロジェクト

プロジェクトが目指す成果

このプロジェクトでは、市民、事業者、行政が協働して、木質バイオマスのうち最も身近に利用できる「薪」を自らの手で生産・利用します。こうした取組を試行する過程で、成果や課題を明らかにし、最終的には市全域への木質バイオマスの利用を展開する計画を作成します。

また、人工薪、ペレット、チップなど他の木質バイオマスについても、情報収集と木材調達、利用展開について検討し、木質バイオマスを家庭用燃料、あるいはビニールハウスなどの農業用施設をはじめとした産業用燃料として、市民生活の中で活用していく道筋を描くことを目指します。

【計画期間の最終年度における目標値】
木質バイオマスのうち、薪の地産地消率(市内の薪消費量のうち、安曇野市産材が占める割合)を70%にする。

 

薪の配布(プロジェクト取組イメージ)

薪の配布(プロジェクト取組イメージ)

ビニールハウスを薪で暖めるハウスボイラー

ビニールハウスを薪で暖めるハウスボイラー

人工薪の製造過程

人工薪の製造過程

長峰山「天平の森」に設置された薪ボイラー

長峰山「天平の森」に設置された薪ボイラー

プロジェクトの内容

プロジェクトの体制は、行政が事務局になり、参加者を募集して市民、事業者などからなるプロジェクトチームで構成します。活動拠点となる里山を確保し、薪の生産・流通システムを構築します。

本計画策定にあたって実施したアンケート調査では、山林所有者の方々は森林整備ボランティアの活動や木材の無償提供に積極的でした。そこで、本プロジェクトをおこなうことに賛同する山林所有者の山林を薪生産現場として開放していただき、プロジェクトメンバーのうち、薪の生産技術習得研修会を受講したメンバーが薪の生産作業をおこないます。

なお薪生産にあたっては、山林の原木量、原木伐採・搬出・玉伐り工程、薪割り工程、貯蔵・乾燥、配布(消費)などについてデータ収集をおこない、市全域で木質バイオマス燃料の利用を進める資料とします。

プロジェクトの成果は、毎年開催される安曇野環境フェア、あるいはシンポジウムなどを企画して、全市民に情報発信します。

PAGETOP
Copyright © さとぷろ。(安曇野市里山再生計画) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.